ポテンシーとは?

 

ホメオパシーのビンのラベルに、
レメディの名称
ポテンシーの数字
アルファベット文字が書かれています。

例えば
Arnica 30c

この数字と文字の組み合わせは、
そのレメディの希釈と強さの程度を表しています。

主なポテンシーの表示には、
Centesimal表示とDecimal表示の2つがあります。

 

Centesimal表示(センテシマル表示)

一般的に使用されている表示です。
30c、200c、1Mなどと表記されています。

もっともよく使用されるポテンシーは、
30cのものです。

cとは、100倍希釈震盪を意味します。

30cとは、
100倍希釈震盪を30回行なったことになりますので、
1060乗倍に希釈してあることになります。

物質1モル中の分子量(アボガドロ数)は1023乗くらいなので、
30cといえばレメディ中に原材料の薬分子は入っていないことになります。

また、
別の表示法でHを加えたcHという表記もあります。
これはハーネマンに由来する古典的希釈法を用いたという意味です。

したがって、
30cと30Hの希釈度は同じです。

1000cは1Mと表記されます(102000乗希釈)。

Cセンテシマル希釈2出典:「臨床家のためのホメオパシーノート」より





超高度希釈ウルトラハイポテンシーでは、
CM
MMといったものもありますが、
あまり使われることはなく、
セルフケアでは使用しません。

 

国による違い

国によってもホメオパスによっても、
よく使用されるポテンシーの扱いに違いがあります。

例えば、

英国では6c12c30c200cが一般的に好まれ、

フランスでは4c5c6c7c9c12c15c30cが一般的で、

200cは高ポテンシーとして、あまり使用されることがありません。


 

始めのポテンシー1c(100倍希釈)の作り方は、
各ホメオパシー薬局方によって異なります。

例えば、
フランス薬局方では、1cは母液1に対して99の6070%アルコールとなっていますが、
一般的には1cは母液とアルコールが3対97でも作られています。
 

ドイツ薬局方では、母液と43%アルコールが2対98の割合ですし、

アメリカ薬局方では、88%アルコールで作られた10%母液を10倍希釈して作ります。

このように同じポテンシー表記でも、製造国によって微妙に違いがあります。

※ さらに同じレメディでも母液の作り方にはいろいろな方法があります。

 



Decimal表示(デシマル表示)

アメリカのホメオパスであるコンスタンチン・ヘリングによる表示です。

xで表す10倍希釈です。

6xとは、10倍希釈を6回行なったということです。

低ポテンシーのものでよく使われ、様々な国の薬局でもよくみかけるポテンシーです。

とくにドイツでよく使用されています。一部の国では6xをD6と表記するところもありますが、この2つは同じものです。

数字的には6xと3cは同じ希釈率ですが、希釈の際の震盪回数が違うのでホメオパシー的には同じ効力とは考えません。

Dデシマル希釈2出典:「臨床家のためのホメオパシーノート」より

 


その他のポテンシー表示

Korsakovian method(コルサコフ法)

この希釈度は通常のものと同じですが、
違いは希釈するたびに同じ試験管を使用していることです。

一般的に200c以上のレメディは、
この方法で作られています。

 

millesimal potencyLM ポテンシー)

cの一段階が100倍希釈なのに対して、LMでは一段階が50,000倍希釈になります。

このポテンシーの記述は、
ハーネマンの『Organon』第6版になって初めて記載されています。

quinquagintamillesimal potencyQポテンシー)は、
LMポテンシーの別名です。

一般的にこのポテンシーは、柔らかくゆっくりと作用しやすいとされています。


文責:森井啓二

 


引用

臨床家のためのホメオパシーノート 基礎編 (Nanaブックス)
森井 啓二
ナナ・コーポレート・コミュニケーション
2010-09-18