ホメオパシーのレメディには、いろいろな形があります。

 


内服薬

 錠 剤

一般的な錠剤型のものです。

○ ソフトタブレット

簡単に砕けるタイプの小さめの錠剤になっています。

○ ピ ル

pillまたはpillulesとよばれている非常に小さな白い玉です。

日本では、これが一般的に多く利用されています。

主に蔗糖に少量の乳糖を混ぜて作られていて、
おいしいです。

ピルは、
各国薬局方によってサイズに規定がありますが、
メーカーによって大きさや形にばらつきがあり、2つがくっついていることがあります。

これはメーカーにもよりますが、
製造法が専門技術ではなくて、
もともとは菓子メーカーの技術に頼っているところもあるからです。

また、国によってもメーカーによっても、大きさの好みが異なります。


200505o629blog

○ 顆 粒

granulesといいますが、non pareilsglobulesglobuliなどともよばれます。
これらの85-90%は、乳糖で作られています。
小児科や動物病院でよく使われます。

○ 結 晶

蔗糖で作られていて、コーヒーに入れるシュガーと同じようなものです。
水に溶かして使用しやすいようになっています。
最近は海外で砂糖を気にする人が増えたため、
生産量は年々減っています。

○ 

乳糖がベースになっています。

○ ドロップ

アメのようになめられる薬剤になっています。
アラビアゴム、ブドウ糖、液体パラフィンなどがベースになっています。

○ 液 体

母液(原材料の原液)が、治療に使用されるレメディもあります。
これは水に入れたり、砂糖などに滲み込ませたりして使用されます。

一般的にスポイトビンやアンプル、スポイト付のボトルなどに入れて売られています。

 

外用薬

これには軟膏、クリーム、ローション、塗布薬などがあります。

軟膏は通常パラフィンが主流の基材になってきており、
ローションは水かアルコールがベースになっています。
眼軟膏は最近ほとんど見かけません。

軟膏やクリームでよく使用するものには、
ArnicaRutaCalendulaAesculusHamamelisPaeoniaHypericumRhus toxThujaTamusなどが代表的です。

 

座 薬

主にグリセリンかココアバターが基材になっています。

 

点眼薬

現在いろいろな製剤があり、主にEuphrasiaCalendula ApisBelladonnaCinerariJaborandiCochleariaEchinaceaMagnesia carbMercuriousSabadillaなどが使われます。

 

注射薬・点滴薬

たくさんの種類があり、
ドイツやフランス、アメリカでは人気があります。

価格はやや高めになりますが、
病院では緊急時などには投与が楽です。

動物用にもいろいろな注射剤が市販されており、
レメディ単品から合剤までたくさんあります。
これらは、もちろん医薬品であるため、
一般の人の購入はできません。

 

点鼻スプレー 


 

うがい薬

CalendulaHypericumが一般的です。

 

歯磨き剤

 

経膣薬

 

リップクリーム

唇の疾患に使用されます。




文責:森井啓二