ホメオパシーの基本原理

ホメオパシーは、
今から200年以上前にドイツ人医師サミュエル・ハーネマン(1755-1843年)によって確立された治療法です。


同じような症状を引き起こす物質を希釈して患者に与え、
自己治癒力を強力に刺激することによって治療する
高度に体系化された治療法です。


 

この考え方は古くから存在し、

記録に残るものでは紀元前にさかのぼり、
世界最古の医学書とされる「アタルヴァ・ヴェーダ」の記載やヒポクラテスによっても提唱されていました。

 


その基本原理の中心は次の2つです。

1) like cures like

ある症状をもつ患者に、もし健康な人に与えたときに同じような症状を引き起こす物質を投与し、自己治癒力を刺激する。

2) minimum or infinitesimal effective dose

効果の出る最小限の投与量によって治療する。





 

自然界のさまざまな物質を希釈して利用する


ホメオパシーでは、
この原理に沿って、
各種疾患の治療のために数千種類という非常に多くの物質を
レメディ(ホメオパシーの薬)
として利用します。

5XSmall


その大部分が、
植物、動物、鉱物などの自然界からの原料であり、
とくに
希釈していない原材料の中には毒性の強いものもあります。


ホメオパシーでは、
治療に使用する際に、
段階的に高度に希釈して、
毒性がなく、
治療効果の期待できる最小限の用量に変換してから使っていきます。


ハーネマンがこの治療法を始めた当初は、
濃度が濃くて毒性が強いものでした。

そこで
彼は毒性を減らすためにレメディを希釈し、
薄めたところ、
希釈すればするほど治療効果が高まることを
経験的に確認するに至りました。


 

現在のホメオパシーにおいて、
もっともよく使用されている30cという希釈度は、

1060乗倍の希釈であり、

物質の1モルあたりの分子数をはるかに越えた希釈となっています。


そのため理論上は
分子を含んでいないレベルにまで希釈していることになります。

1988

年に
パリ大学のベンベニスト博士が、
超希釈して作った有効分子がまったく入っていない液体を使って、
好塩基球に脱顆粒反応を引き起こすことができるという論文を科学誌『ネイチャー』に発表して以来、

この限りなく希釈したレメディが
生体に作用すると言う不思議な現象に対して、

多くの研究が行われ、
論文も多数発表されています。




文責:森井啓二

(参考文献:実践 動物と人のためのホメオパシー  ガイアブックス)